​大会規定

第5回 全国高等学校 日本大通り ストリートダンスバトル 大会規定

大会参加にあたり、参加選手及び引率者・監督・コーチ等関係者は、この大会規定を遵守すること

大会参加指針

 

・すべての参加者は、スポーツマンシップ・ショーマンシップに則り行動すること

・著しくルールやマナーに反した事項が発覚した場合には警告もしくは審査対象外となる場合もある 監督・コーチ等は、個々の選手とチームとしての能力レベルを考慮し、演技全体のパフォーマンスレベルを決定すること

・大会期間中、教職員又は保護者(以下、引率者という。)が付き添うこと

・引率者・監督・コーチ等は、同伴した保護者及びその他関係者がしかるべく行動をするよう監督すること

また、選手が負傷した場合、迅速に対応できるよう対策を立てておくこと 演技構成/曲目/衣装などは演技者の年齢相応のものであって、全ての観客に対して適切であること 年齢規制違反が発覚した場合は、失格となる 下品/みだらな振付や曲目/曲中の言葉が常識範囲外とみなされた場合は減点・失格の対象となる

・参加選手及び引率者・監督・コーチ等関係者は以下の事項に同意した上で大会に参加すること 参加選手及び引率者・監督・コーチ等関係者は、主催者の安全管理・大会運営上の指示に従うこと ストリートダンスが、怪我等の危険を伴うものであるとともに、大会期間の活動中に被った身体的・物質的損害について、チームもしくは個人に過失がある場合はもちろん、主催者が判断・指示した事項にも関わらず、不可避的に生じた場合も、その責任の 一切は主催者及び大会施設側にないことを十分に理解すること

・大会期間中における天災などの不測の事態により事故や怪我が発生する可能性があることを認識していること。その際に生じ たあらゆる身体及び精神的傷害について、主催者及び大会施設側に対して一切の責任を問わないこと

・大会参加中の盗難や紛失については、自責・他責に関わらず主催者及び大会施設側に対して一切の責任を問わないこと

・大会において、主催者又は主催者が認めた報道機関により撮影された画像・動画に関しては主催者による広報制作物、また 報道を目的とするメディア媒体等への利用を認め、肖像権等の権利主張は行わないことを承諾すること。なお、主催者が認めな いメディア媒体に無断掲載された場合は、一切の責任を主催者に問わないこと

・大会の審査結果(得点・順位)は、審査員の迅速で公平な決定による最終的なものであり、見直しの請求を行えないこと

1 出場資格


(1) 学校教育法第1条に規定する全日制または定時制の高等学校、特別支援学校に在籍する生徒(高等専門学校、専修 学校は除く)により構成されたチーム
(2) 平成13年4月2日以降に生まれた生徒(ただし、定時制、通信制過程の生徒の場合は考慮する)により構成されたチ ーム
(3) 校長・学長もしくはそれに準ずる者が参加を認めているチーム
(4) 大会当日は必ず1名以上の引率者が引率することができるチーム

2 募集チーム数及びチーム定員

(1) 募集チーム数

オンラインコンテストは上限なし

関東、関西地区の各予選ラウンドはオンラインコンテストより最大30チームを選考

北海道・東北地区は予選ラウンドを行わずオンラインコンテストにより決勝ラウンド出場チーム1チームを選考。

決勝ラウンド出場出場チーム枠は、北海道・東北1チーム、関東7チーム、関西2チーム、九州1チームに加え、 各地区のエントリー数に応じて 4 チームに出場枠を割り振る。

(2) 1チームの定員は12名を上限とする 1人1チームのみにエントリーできる。(1人で複数チームへのエントリーは不可)

3 オンラインコンテスト 演技内容 ヒップホップ、ジャズヒップホップ、ロッキング、ポッピング、ブレイキング、ハウス等(以下、ジャンルという。)から演技者が選択し、演じるものとする。なお、ジャンルについては参加者の申請による。なお、音楽や振り付けはダンスシーンにあった内容で、演技は全ての観客のために適切かつエンターテインメント性に富んでいなければならない。


(1) 演技フロア
・演技ステージのサイズは指定しないが、以下の点に注意すること。

1 動画撮影の収録画面内に収まるように注意する

2 公共の場等、他者に迷惑がかかる場での演技は認められない
・床の素材:指定しない。

(2) 演技時間
・2分30秒以内とする。 ・計測方法は、音楽または動作の開始をもって計測を開始し、音楽・動作の両方の完了をもって終了とする。

(3) そのほか

・演技者以外の不要な人物・物品等を動画に収録しない。

4 予選ラウンド 演技内容 ジャンルから演技者が選択し、演じるものとする。ジャンルについては参加者の申請による。なお、音楽や振り付けはダンスシーンに あった内容で、演技は全ての観客のために適切かつエンターテインメント性に富んでいなければならない。


(1) 演技フロア
・奥行5m×幅10m以上を基準とするが、各予選会場の会場規模に準ずることとする。
・床の素材:指定しない。


(2) 演技時間
・2分30秒以内とする。

・チーム名が読み上げられたら、メンバー全員が速やかにフロアに入場し、セッティングが整った段階で、チーム代表者が音出しの合 図を送るものとする。

・計測方法は、音楽または動作の開始をもって計測を開始し、音楽・動作の両方の完了をもって終了とする。


(3) そのほか
・使用する備品(小道具)のセッティングは演技開始前30秒以内で行う。

・使用するBGMは、マスターCDと予備CDを事前郵送。

・演技者以外のステージへの立ち入りはできない。(備品設置・撤去は演技者が行うこと)
・リハーサルは実施しない。


(4) 演技の中断・再演技

・万が一、何かの原因で演技が妨げられた場合、審査員の協議により演技を中断することがある(演技中の怪我、音楽の不備、 音響機材や施設の不備・故障など)。
・再演技の判断(実施の有無・タイミングなど)は、審査員が協議し行う。

・再演技は、最初から1曲通して行うことができる。ただし、審査については、中断した理由に関係なく、中断した以降の演技のみ が再審査の対象となる。

5 決勝ラウンド 演技内容 ジャンルから演技者が選択し、演じるものとする。なお、ジャンルについては参加者の申請による。なお、音楽や振り付けはダンスシ ーンにあった内容で、演技は全ての観客のために適切かつエンターテインメント性に富んでいなければならない。
(1) 演技フロア
・奥行5m×幅10mを基準とする。
・床の素材:リノリウムとする。


(2) 演技時間
・2分30秒以内とする。

・チーム名が読み上げられたら、メンバー全員が速やかにフロアに入場し、セッティングが整った段階で、チーム代表者が音出しの合 図を送るものとする。

・計測方法は、音楽または動作の開始をもって計測を開始し、音楽・動作の両方の完了をもって終了とする。


(3) そのほか
・使用する備品(小道具)のセッティングは演技開始前30秒以内で行う。 ・使用するBGMは、マスターCDと予備CDを事前郵送。

・演技者以外のステージへの立ち入りはできない。(備品設置・撤去は演技者が行うこと)
・リハーサルは実施しない。

(4) 演技の中断・再演技 ・万が一、何かの原因で演技が妨げられた場合、審査員の協議により演技を中断することがある(演技中の怪我、音楽の不備、 音響機材や施設の不備・故障など)。
・再演技の判断(実施の有無・タイミングなど)は、審査員が協議し行う。

・再演技は、最初から1曲通して行うことができる。ただし、審査については、中断した理由に関係なく、中断した以降の演技のみ が再審査の対象となる。

6 予選ラウンド及び決勝ラウンドの観客等の扱い

参加校数及び会場の収容人員を踏まえ、観客の収容枠を決定する。

7 予選ラウンドと各地区に該当する都道府県

各予選ラウンドと、全国大会出場枠、該当する都道府県については、以下の通りとする。

【北海道・東北地区: ※オンラインコンテストにより選出】

北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県

【関東地区: ※オンラインコンテストおよび予選ラウンドにより選出】

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県

【関西地区: ※オンラインコンテストおよび予選ラウンドにより選出】

新潟県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県、三重県、和歌山県、奈良県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、 島根県、鳥取県、広島県、岡山県、愛媛県、香川県、徳島県、高知県

【九州地区: ※予選ラウンドにより選出】

山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

©全国高等学校日本大通りストリートダンスバトル実行委員会 All Rights Reserved.

logo.png